スマホ1台でお手軽にプレイ動画を配信!アップデート「1.24」より追加された『Vainglory』の「配信」機能のご紹介!

アップデート「1.24」より追加された、『Vainglory(ベイングローリー)』のプレイ動画「配信」機能について、実際にweb上に動画が配信されるまでの手順を解説していきます。

2016/11/15 12:10

配信機能の紹介

アップデート「1.24」より、ついに『Vainglory』にゲームプレイの録画、配信機能が実装され、スマホ1台で(もちろんタブレットでも)簡単に配信ができるようになりました。
ですが『Vainglory』に限らず、今まで動画配信と縁のなかった方にはまだ、使い方がよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、その「配信機能」の使い方について、実際にweb上に動画が配信されるまでを順番に説明していきたいと思います。

※今回は「配信」について解説していくので、iOS端末向けの紹介となります(Android端末では本機能を使った配信が現在行えません)。

配信手順

『Vainglory』を起動しプロフィール画面を開くと、「録画アイコン」が追加されているのでそれをタップし、「配信開始」を選びます。

この時、「録画アイコン」が表示されていない場合は、iOSのバージョンが低い可能性があるので、端末のアップデートを確認してみてください。
「配信開始」(もしくは「動画の録画を開始」)を選ぶと、左上に録画メニューが表示され、「録画」、「カメラ」、「マイク」ボタンが表示されます。

「カメラ」、「マイク」は、最初オフになっていますが、オンにすると自分の顔や声も配信されますので注意しましょう。
この2つの機能は、1度配信を始めるとオンにはできません(後からオフにはできます)。
録画メニューは、タップで閉じ、スワイプで移動できます。試合中邪魔にならない位置に移動させておきましょう。
「録画」ボタンをタップすると配信が開始されますが、まずは動画配信先となるアプリのインストールとアカウントの作成が必要となります。

記事投稿時点では、「Mobcrush」「Periscope」の2つのアプリのみが対応しています。
※ここからは、「Mobcrush」の画面で解説していきますが、基本的な手順は「Periscope」の場合でも同様です。
改めて、録画を開始すると利用する配信用アプリの選択画面が出るので、先ほどアカウントを作成したアプリを選び、そのまま該当アプリにログインしましょう。
動画配信時のタイトルを入力し(今回は「test」)、「START BROADCAST」をタップしましょう。
録画メニューのところに赤いランプが点滅していたら、動画が配信されています。実際にどのような映像が配信されているかは次項より説明していきましょう。

なお、録画メニューを開き、四角い「録画」ボタンを押せばいつでも配信を停止できます。

実際の配信動画

配信が成功していれば、上画像のように動画が配信されています。

この時、実際に配信がweb上の動画に反映されるまで時間差があります。
「offline」と表示されていても慌てず気長に待ちましょう(もしくはwebページの更新が必要な場合もあります)。
左の画像が実際にプレイ中のゲーム画面、右が同じタイミングでの配信映像です。
ゲーム内タイマーより、ゲーム画面と配信の間には35秒前後の同期ずれがあることがわかります。
ちなみに、前述したカメラをオンにしておくと、矢印で示した録画メニューの位置にデバイス前面カメラの映像が表示されます(画像にはモザイクをかけています)。

『Vainglory』のプレイ動画配信の手順については以上になります。
配信映像の管理やシェア、他者の配信の見方など、アプリの使い方については割愛しますので、配信先のサイト(「Mobcrush」「Periscope」)をご確認ください。

最新記事

これからVaingloryを始める方へ

Vainglory World Championship