『Vainglory(ベイングローリー)』- 「GAMERS LEAGUE MASTERS Season1」準決勝・決勝戦の結果速報!第1回大会の優勝チームが決定!

『Vainglory(ベイングローリー)』の国内大会、「GAMERS LEAGUE MASTERS Powered by Seesaa」の第1回大会が開催中!三日目、準決勝・決勝を振り返ろう!

2015/10/27 14:10

「GAMERS LEAGUE MASTERS Season1」決着!

シーサー株式会社と株式会社SPODIAの業務提携により、2015年9月より開催中の「GAMERS LEAGUE MASTERS Powered by Seesaa」。その第1回大会「GAMERS LEAGUE MASTERS Season1」の三日目、準決勝・決勝戦が10月24日(土)に開催されました!

Adobee氏、pchw氏、Ponta氏の3人が解説実況を行う中、64チームの大規模トーナメントを生き残った4チームが激突!戦いを制し、栄えある第1回大会の優勝を掴み取ったチームは、どのチームなのか!?激闘の2時間50分を詳しく見ていきましょう!

大会動画

準決勝第1試合

第1試合は「DBpQq(以降、DBQ)」「TeamGL(以降、tGL)」の対戦。動画では29:03より行われています。

BANヒーローは「セレス」「キャサリン」。ピックは青チーム「グレイヴ・スカイ・フィン」赤チーム「ヴォックス・アーダン・グレイヴ」という構成に。
序盤から猛撃を仕掛けるのは「DBQ」。臆する事なく敵陣地に踏入り、レーン・ジャングル両方にて「tGL」を圧倒していきます。特にスカイが見せたハラスは非常に強烈でしたね。

しかし「tGL」もこれに食らい付き、キルこそ負けてはいましたが、タレットや金鉱などのオブジェクトを支配して、アドバンテージの広がりを食い止めていました。
この粘りが功を奏したか、中盤から終盤では「tGL」が盛り返しを見せており、集団戦で勝利する場面も。ここに来て勝負は拮抗状態に戻っており、誰もが集団戦の発生を待っていました...
そして、それが起きたのは試合時間15:50!

レーンの裏にあるジャングル通路にて、グレイヴフィンにダメージを与えた「tGL」が固まって追撃に入りますが、レーン側にはスカイの姿が!彼女がもたらした爆撃と機銃の雨は、ヴォックスアーダンを瞬殺。カウンターを受けた「tGL」はエースを取られてしまい、タレットの破壊とクラーケン解放を許してしまいます。
クラーケンとともに進軍してきた「DBQ」を待ち受ける「tGL」は、アーダンのultで出来た壁の近くにいたスカイを、グレイヴがアフターバーンで無理やりぶつけてスタンさせるなど、良い連携を見せていましたが、ここでスカイを追いすぎてしまったか、逆にスカイのultが追ってきたヴォックス&グレイヴアーダンを分断、カウンターエースを取られてしまい...

残ったタレットでは防げるはずもなく、本試合は「DBpQq」が勝利しました!

準決勝第2試合

第2試合は「Speak Easy(以降、SpeA)」「UCally(以降、UCa)」の対戦。動画では1:03:32より行われています。

BANヒーローは「キャサリン」「アーダン」。ピックは青チーム「グレイヴ・アダージオ・セレス」赤チーム「フォートレス・コシュカ・タカ」という構成での試合となりました。
勢いのあるローム2人が封じられた結果、お互いのロームはアダージオフォートレス、構成は「SpeA」が満遍ない制圧型、「UCa」がスピードによる強襲型といった感じになりましたが、そのチーム性を序盤から活かしていたのは「UCa」

集団戦での集結が速く散開も素早い「UCa」の面々は、レーンやジャングルを縦横無尽に動き回り、「SpeA」をかく乱しつつ、金鉱獲得と第1タレットの破壊に成功します。
攻撃力と速度に長けた「UCa」は、引いたと思ったら攻撃、と思ったら撤退...というようなヒット&アウェイが非常に上手いのはもちろん、隙あらばセレスを暗殺、そこに駆けつけた敵チームを高速で追いかけて撃破するなど、攻撃的なバトルスタイルで、集団戦を圧倒。「SpeA」の火力は決して負けていませんでしたが、「UCa」側のゲリラ戦術にペースを握られており、上手く連携が繋げませんでした。
最後は、ウォーホーンで突撃した「UCa」と、自陣に逃げたい「SpeA」が交戦。ステルス状態のタカセレスに奇襲を行い、「SpeA」の連携を断絶、アダージオがultを当てたものの、その時には支援できる位置におらず...

フォートレスを失う代わりにエースを取った「UCa」タカコシュカが、クリスタルをガリガリ削って破壊!本試合は「UCa」の勝利となりました!

決勝戦〜1セット目〜

というわけで、「GAMERS LEAGUE MASTERS Season1」の決勝戦は...「DBpQq」VS「UCally」!

日本のVaingloryシーンを牽引してきた「DB」と、着々と勢力を拡大してきた実力派チーム「UC」がぶつかり合う事になった決勝戦ですが、本大会の決勝戦は3回勝負・2本先取制なので、先に2セット取った方が勝ちとなります!

1セット目は青チームが「DBpQq」赤チームが「UCally」動画では1:38:42より行われています。

「タカ」「スカイ」がBANされ、ピックは青チーム「グレイヴ・スカーフ・キャサリン」赤チーム「ヴォックス・アーダン・キャサリン」という構成に。
序盤で攻め手に出たのはやはり「DBQ」グレイヴ&キャサリンのスタンに、スカーフの火力支援が加わり、ヴォックスへのGankやジャングルでの戦闘などを有利に進めていました。

対する「UCa」は、アイアンガード持ち2人と金鉱によって、最初こそ金銭的有利を取っていましたが、試合時間8:20での集団戦にて反撃されてしまい、多くのキルと金鉱を取られてしまいます。
その後も攻撃的な立ち回りを見せる「DBQ」は、ヴォックスを落として遠距離火力を断つ事で、「UCa」の瓦解を狙う感じでしたが、ゲームが進んでからはスカーフもまた、アーダンキャサリンのスタンによって動きを封じられ、両チームともに倒し倒されての報復合戦が続きます。

しかし、終盤からはダブルロームの土俵。「DBQ」は失速を見せ、時間が経てば経つほど勝負は「UCa」に傾いていきます。
最後の集団戦では、アーダンのultが「DBQ」を完璧に分断しており、サークルに入れられたグレイヴキャサリンは、外に閉め出されたスカーフとの合流を果たそうとしましたが、ヴォックスの追撃に倒されてしまいます。

「UCa」は、勢いそのままにクラーケンを解放し、敵陣地に殴りこみ!なんとかリスポーンした「DBQ」でしたが、時既に遅し...

1セット目は、「UCa」がゲットしました!

決勝戦~2セット目~

2セット目は陣営位置を交代するので青チームが「UCally」赤チームが「DBpQq」動画では2:09:16より行われています。

BANは同じく「スカイ」「タカ」、ピックは青チーム「キャサリン・アーダン・ヴォックス」赤チーム「キャサリン・アーダン・セレス」という構成に...!
この試合を絶対に落とせない「DBQ」と、この試合でケリをつけたい「UCa」でしたが、序盤は両チーム非常に慎重で、キルが生まれたのはなんと試合時間9:20

買い物に来ていた「UCa」一行にセレスがultを当て、そこから「DBQ」が突撃。エースと金鉱を取り返しました。しかしこの時、金鉱ゲットがギリギリ間に合わず「DBQ」が貰えたお金は6ゴールドという結果に...
レベルとビルドが充実し始める終盤では、集団戦も激しさを増し、キルが目立ち始めます。キル数で勝っていたのは「DBQ」ですが、押していたのは「UCa」。試合時間23:09の際には、「UCa」側ジャングルに侵入しようとしたキャサリンを捉えたりと、隙を見逃さないプレイで「DBQ」に穴をあけます。
ブレーキング・ポイントを所持したキャサリンと、攻撃的なヴォックスを主軸として一気に突破したい「UCa」と、キャサリン&アーダンのサポートからセレスの高火力攻撃で決定打を叩き込みたい「DBQ」...勝負の行方は果たして!
勝敗を分けたのは25:45の集団戦。ウォーホーンで肉薄してきた「UCa」のアーダンと、それを迎撃する「DBQ」のアーダンがultを同時発動!2つのサークルがラストステージを作り上げます。

この集団戦では、下部分でキャサリンVSヴォックス、上でその他のメンバーが戦っていたわけですが、キャサリンに近づかれても、持ち前の機動性と攻撃速度で十分に戦えていたヴォックスに比べ、セレスは、アーダンのサポートを受けていたものの、アーダン&キャサリンに肉薄されてしまっていたので、持ち味である遠距離からの継続的な攻撃を行う事が出来ませんでした。

この状況でセレスが生き残れるはずもなく、キャサリンもそもそも火力班ではないので、ヴォックスの手によって撃破、残ったアーダンも逃げ切れず...
最後は3人揃って「DBQ」のクリスタルを撃破!

よって...「GAMERS LEAGUE MASTERS Season1」の頂点に立ったのはチーム「UCally」!おめでとうございます!

彼らには賞金である現金9万円が贈呈されるほか、「Boom App Games」での記事掲載、および執筆権が与えられます。ちなみに...この「UCa」で戦ったUCivilKariki選手は、前回大会での勝利チームのメンバーでもあり、大会2連覇プレイヤーという事になります!

なお、本大会はまだまだ続行!11月では「GAMERS LEAGUE MASTERS Season2」の開催予定です!大会規模やエントリー期間、レギュレーションなどの詳細は今後発表されていきますので、出場を考えている方も、そうでない方も、ぜひご確認ください!

「GAMERS LEAGUE」Adobee氏が選ぶベストバウト

MCを務めたAdobee氏から、今回の総評をいただきました!
今回配信された中で最も印象的だった試合は決勝戦「DBpQq」vs「UCally」の試合です。

結果的には「UCally」が2本を連取して優勝を決めた試合でしたが、決勝戦なだけあってとても内容の濃い試合でした。この2試合は今大会の中でも最も接戦したお金差、キル差、その他マップコントロールに関しても同等の力量差の試合だったように思います。

ひとつひとつのプレイにロジックがあり、集団戦の各選手の立ち位置など、見ていた視聴者の方々も参考になる場面が多かったように思います。こういう試合が次期シーズンも見たいですね!

最新記事

これからVaingloryを始める方へ

Vainglory World Championship