『Vainglory(ベイングローリー)』- 「GAMERS LEAGUE MASTERS 2015 Autumn Season」2日目の結果速報!

『Vainglory(ベイングローリー)』の国内大会、「GAMERS LEAGUE MASTERS 2015 Autumn Season Powered by Seesaa」が開催中!繰り広げられた名勝負を見ていきましょう!

2015/11/17 20:00

「GAMERS LEAGUE MASTERS 2015 Autumn Season」2日目

シーサー株式会社と株式会社SPODIAの業務提携により、2015年9月より開催中の「GAMERS LEAGUE MASTERS Powered by Seesaa」。その第2回大会「GAMERS LEAGUE MASTERS 2015 Autumn Season Powered by Seesaa」の2日目が、11月15日に開催されました!

Adobee氏zyamanobeds氏の2人体制による進行のもと、初日を勝ち残ったチームが激突。本大会の優勝に輝いたチームは...そして、Vainglory国際リーグ「VIPL」への出場権を得たのはどのチームなのか!?激アツの3時間24分を振り返りましょう!
優勝チームと「VIPL」出場権の関係について
本大会では、ご存知の通り「VIPL」への出場権が懸かっていました。しかし、「VIPL」には、開催地である韓国に40日間ほどの滞在が必要となるので、「大会には出たいけど、VIPLには出場できない...」というチームも存在します。

よって、こういった出場できないチームが優勝した場合、「VIPLへの出場権」のみを他チームへ譲渡する必要があります

2日目に出揃ったベスト8のうち、「VIPLへ出場できる」という確約を得ていたチームは「DPN」「UniversalCivils」の2チーム。従って、彼ら以外が優勝した場合はこの2チームの勝敗状況を鑑みて、必要であれば直接対決をしてもらい、VIPL出場チームを決める。という形で、当日は進行されていました。

また、この2チームは「エントリー時に、"VIPLに参加できる"にチェックを入れていただいたチームはシード扱いになり、一定の試合数を免除します」という大会ルールに則り、2日目よりシードとして出場しています。

大会動画

1回戦(準々決勝)

最初の配信は準々決勝戦の1つ、「Team GL(以降、tGL)」VS「UniversalCivils(以降、Univ)」動画では29:23より行われています。

BANヒーローは「コシュカ」「リンゴ」。ピックは青チーム「ヴォックス・アーダン・スカイ」赤チーム「セレス・タカ・キャサリン」という構成に。
序盤から攻撃の姿勢を見せたのは「Univ」。gankはもちろん、ジャングルにも恐れず突撃し、「tGL」にプレッシャーを与えます。金鉱も「Univ」に明け渡してしまった「tGL」は、どこかで攻めたかったものの、チャンスを伺えば伺うほどジャングル周回が遅れ、経験値でも遅れをとってしまいます。
中でも、Univ-take_it_easy5選手の操るタカが好調で、ブッシュからのエックス烈を駆使した奇襲で「tGL」の強みであるダブルレーンの射程を完全に封殺。判断が遅れがちな集団戦の中でも、スキルやアクティブアイテムを使いこなしアーダンのultや、タレットからのダメージを防ぎつつ仕事をこなしていました。
最後の集団戦でも、セレスキャサリンだけ...と見せかけて壁裏からタカがエックス烈で突入。先行していたアーダンを倒した後は、すかさずウォーホーンで追撃し、セレスの圧倒的火力が「tGL」を粉砕する結果に。

本試合は、チーム「UniversalCivils」の勝利となりました!

2回戦(準決勝)

次の戦いは、「BosK」VS「UCivilTOP(以降、UCOP)」動画では1:18:50より行われています。

BANヒーローは「リンゴ」「ヴォックス」。ピックは青チーム「ペタル・キャサリン・タカ」赤チーム「セレス・アーダン・フォートレス」という構成に。
序盤から両チームともに激しく衝突し、キルしてキルされての報復合戦が続きましたが、これを制したのは「UCOP」

アーダン&フォートレスは敵に肉薄できるスキルを持っているため、ペタルを逃がす事がなく、レーン戦でもセレスタカをしっかりキープ。金鉱もゲットし、キル数、獲得ゴールド全てにおいて優位をとっていきます。
その後も「UCOP」がゲームを先導。「BosK」も自分たちのタイミングで仕掛けてはいますが、ギリギリのところで逃がしたり、そこから手痛いカウンターを受けてしまったりと、どんどん追いやられてしまいます。特にタカのアサシン的役割が発揮されていませんでしたね。
最後は「BosK」を寄せ付けないままクラーケンを解放。堂々と正面から侵入し、「UCOP」の勝利となりました!

3位決定戦

準決勝が終わり、ついに決勝...の前に3位決定戦が行われ、「UniversalCivils(Univ)」VS「BosK」が激突!動画では1:51:12より行われています。

この戦い...「DPN」に勝った「BosK」と「Univ」が戦うので、この試合に「Univ」が勝った場合、間接的に「DPN」を倒した事になり...「VIPL」への出場権を得る事になります!

そんな注目の一戦ですが、BANヒーローは「リンゴ」「セレス」。ピックは青チーム「スカイ・キャサリン・コシュカ」赤チーム「スカーフ・アダージオ・フォートレス」という構成になりました。
序盤から勢いに乗っていたのは「Univ」

特にDBsenpan選手が操るスカイが絶好調で、開始50秒で対面のスカーフをソロキルしただけに留まらず、率先してジャングルにも火力支援。ミサイルとマシンガンを撃ちまくって「BosK」を掃討し、金鉱もゲットしていきました。
その後も「Univ」の連携は絶好調。全員スタン持ちである事に加え、スカイの攻撃がとにかく強力で、「BosK」の攻撃も通ってないわけではないですが、それを上回る集中火力には最早打つ手なし。「倒される前に倒す」という速攻性でゲームを完全に掌握します。
最後はクラーケンも味方にしつつ突入。スカイの前ではタレットなど意味を持たず...この戦いはチーム「UniversalCivils」の勝利!

これにより、「VIPL」への出場権は「UniversalCivils」へ贈呈されます!

決勝戦 第1試合

というわけで待ちに待った「GAMERS LEAGUE MASTERS 2015 Autumn Season」決勝戦!決勝戦はBO3(3セットの2セット先取制)で行われます。

実力、規模ともに日本最高レベルのチーム"UC"の一党「UCivilTOP(UCOP)」と、配信の裏で確実に強豪チームを撃破してきた「trolltot(以降、tot1)」の戦いです!動画では2:32:21より行われています。

1セット目は、「アーダン」「コシュカ」がBANされ、ピックは青チーム「ペタル・フォートレス・ヴォックス」赤チーム「リンゴ・グレイヴ・キャサリン」という構成に。
両チームとも非常にレベルが高く、素晴らしいプレイが多かったですが、特に注目すべきは試合時間5:23での金鉱戦

ヴォックスがいない間にペタル&フォートレスを倒した「tot1」が、金鉱を獲得しようと目論みますが、ここに現れたのが大会2連覇プレイヤーUCivilKariki選手。金鉱をultで奪取しつつキャサリンを仕留め、グレイヴの追撃を振り切ってリンゴを倒し、グレイヴも...!という所まで見せてくれました。このファインプレーは必見です!
「tot1」も、リンゴを筆頭にキルを取っていきますが、ヴォックスペタルフォートレスそれぞれのultが噛み合っていた「UCOP」はまさに常勝。集団戦で「tot1」にカウンターエースを決め、タレットの破壊を進めていきました。
1セット目の勝敗が決まったのはなんと、試合時間15:50の集団戦

誰が予想したでしょうか、ダブルインフュージョン状態のヴォックスが単騎突撃し、「tot1」全員を倒してしまうという圧巻のプレイを見せます!どこまで魅せてくれるんだKariki選手!

このエースによって「UCOP」は敵陣地に難なく進行。この時、Kariki選手はアフターバーンでリスポーン地点に吹き飛ばされ、サンクチュアリダメージで壮絶な死を遂げますが、「UCOP」メンバーは「ここまでテンプレ」と言わんばかりに黙々とクリスタルを殴り...

1セット目は「UCivilTOP」の勝利となりました!

決勝戦 第2試合

続く2セット目。位置を交代するので、「trolltot(tot1)」VS「UCivilTOP(UCOP)」となります。動画では2:54:55より行われています。

BANヒーローは「アーダン」「ヴォックス」。ピックは青チーム「セレス・アダージオ・フォートレス」赤チーム「コシュカ・キャサリン・リンゴ」という構成になりました。
序盤は、1セット目と比べて両チームとも非常に慎重。多少のgankや集団戦は起きたものの、お互い真っ正面からぶつかり合う事を避けつつ、下準備にいそしんでいたように感じます。

最終的には、金鉱を取った「UCOP」がお金で少し上回り、序盤は終了となりました。
先に一手を打ったのは「UCOP」。タレットを破壊し、戦いやすい環境を作ります。

「tot1」もカウンターしているものの、エースを取ったり、タレットを破壊したりという決定打を決めきれず、逆に「UCOP」は全てのキルをエースやタレット破壊に繋げており、キル的には五分でしたが戦況はかなり「tot1」が押されていました。
「tot1」も懸命に応戦し、試合時間18:35にはクラーケンと「UCOP」の猛攻を防ぎきる事にも成功、活路を見いだそうとします。
しかし、やはり「UCOP」が一歩先だったか、19:20からの集団戦では、アダージオのultをクルーシブルで回避しつつ、「tot1」の面々に肉薄!リンゴがセレスを撃破し、火力を失ったアダージオ&フォートレスは逃げる事も厳しく...

試合時間19:46、「UCOP」がベインクリスタルを破壊しました!
よって、「GAMERS LEAGUE MASTERS 2015 Autumn Season Powered by Seesaa」の優勝は...チーム「UCivilTOP」に決定!おめでとうございます!彼らには、5000ICE好きなtier2スキン1つが贈呈されます!

「GAMERS LEAGUE」Adobee氏が選ぶベストバウト

MCを務めたAdobee氏から、本大会の総評をいただきました!
今回もっとも見どころのあった点は、特定の試合というわけではなく、決勝トーナメントまで勝ち残ったチームの顔ぶれだったと思います。
前回開催や前々回開催からのお馴染みの顔ぶれのチームもありましたが、新しくエントリーのあったチーム、設立してから日が浅いチームの顔ぶれも目立ちました。

これは日本のVaingloryコミュニティにとってとても素晴らしいことだと思います。チーム歴が新しいからといって強いというわけではなく、日々練習をして上を目指しているプレイヤーが増えている感覚を持ちました。今後もこのようなチームがどんどん増えていって欲しいと思います。

また、今回のGLMはVIPLへの日本予選としての大会でもありました。VIPLは大会期間が長く、出場できるチームが限られてきてしまうため、GLMの決勝トーナメントに残ったチームの中で、事前に「VIPLへ参加ができる」といった意思表明をしていた2チーム(DPN、UniversalCivils)のうち、最終順位の高かった「UniversalCivils」が、12月3日から開催されるVIPLへの出場権を獲得する形となりました。

日本のチームが世界の舞台で闘うのは7月のWorld Invitational以来となりますので、ぜひ前回出場時の結果を上回る優勝を目指して頑張って欲しいですね!
僕もチームマネージャーとして全力でUniversalCivilsの3人をサポートしたいと思います。

最新記事

これからVaingloryを始める方へ

Vainglory World Championship