WESG日本予選Vainglory部門で「GG NEWtype 2nd」が優勝。3月に中国・重慶で行われるWESG本戦に日本代表として出場決定!

WESG日本予選の『Vainglory(ベイングローリー)』部門で「GG NEWtype 2nd」が優勝し、3月に中国・重慶で行われるWESG本戦に日本代表として出場することが決定しました。

2019/02/12 12:59

WESG日本予選Vainglory部門で「GG NEWtype 2nd」が優勝!

中国を代表するITカンパニー・アリババの子会社であるアリスポーツ(中国・上海)が2016年より開催している国際eスポーツ大会「WESG(World Electronic Sports Games)」。今回、初開催となる公式日本予選大会「WESG 2018-2019 Japan Division」の決勝戦が本日、東京・渋谷区のヨシモト∞ホールにて行われました。

本大会のVainglory部門では、オンライン予選を勝ち抜いたViVianneとGG NEWtype 2ndが会場で決勝に臨み、GG NEWtype 2ndが2-1で勝利し、賞金の20,000USドルを勝ち取りましたGG NEWtype 2ndは3月に中国・重慶で開催されるWESG本大会に日本代表として出場します。

今回「永遠のライバル」であるViVianneに勝利したGG NEWtype 2ndにとって、初めての国際大会出場となります。

また、本大会の結果についてGG NEWtype 2ndのViViQIZ選手は「まだ中国の本戦があるので、今日の試合の反省点を振り返って力を付けて世界に挑みたいと思います」とコメントしました。
3本先取で行われた本決勝では、GG NEWtype 2ndが1戦目を取るものの、2戦目はGG NEWtype 2ndの連携ミスを逆手に取ったViVianneに逆転を許してしまいました。

運命の3戦目では両チームが譲らない長丁場となり、熱戦の末に試合の要となるブラッククローを奪取したGG NEWtype 2ndが勝利しました。

会場は満席となり、立ち見も出るほどの盛況の中で両チームのファンが選手に応援の声を届けていました。

「クロスプラットフォーム化」について

なお、今回スマートフォン・タブレットで行われたWESG Vainglory部門日本予選ですが、VaingloryのPCとモバイルのクロスプレイが可能になるクロスプラットフォーム化について発表されています。
現在は、Windows・macOSのα版が公式サイトで配信されています。

「クロスプラットフォーム」紹介動画

最新記事

これからVaingloryを始める方へ

Vainglory World Championship