【攻略】Vainglory(ベイングローリー)- 最初のキャラ選びが物を言う!?おすすめのパーティ編成、選び方のコツを紹介!

本格MOBA『Vainglory(ベイングローリー)』は最初のキャラ選びがとても大事!おすすめの組み合わせや、選び方のコツを詳しく紹介します。

2015/05/07 18:30

味方も同じ人間!チームは「助け合い」が大事!

「MOBA」というジャンルのゲームは味方同士の「助け合い」が物を言います。それは戦闘開始の前、自分たちの使うキャラを選択する時から始まっています。『Vainglory(ベイングローリー)』に登場するヒーローたちは、どれも個性的な能力を備えており、それ故に、味方同士のヒーローの「組み合わせ」で戦い方が多少なりとも変わってくるのです。

今回は、そんなパーティ選びの「おすすめの編成」「コツ」を紹介!

【STEP1】ちゃんと味方に自分の意思を伝えよう!

ヒーロー選択時、味方が何を選んでいるかを確認することができます。ここでの味方同士の意思疎通がハッキリしていないと、いざ戦闘が始まった時にチームを困らせることになるかもしれません。好きなキャラ、やりたいキャラを選びたいという気持ちは分かりますが、みんながみんなそれをやってしまうと能力が偏ったパーティになってしまう可能性だってあるのです。

基本的なキャラの選び方としては、選択時にやりたいキャラを決定はせずにセレクト。複数いる場合はそのキャラ同士を交互にセレクトしましょう。そしてどこのポジションをやりたいか、「レーン」「ジャングル」「ローム」のいずれかを選んで味方に伝えましょう。きっと味方も同じように、このような方法で自分に意思を伝えようとしてきます。そしてお互いに意思疎通の確認が取れたら、そのキャラを決定するのが理想的です。しかし、同じチームといえど味方は人間。どのように動いてくるかどうかは人それぞれです。そこはより経験者の人が臨機応変にキャラを合わせてあげてください。

もう一度言います。『Vainglory(ベイングローリー)』は「助け合い」なのです。

【STEP2】ヒーロー同士の組み合わせを考えよう!

【ポジション】
レーン向きスカーフ、セレス、ソー、リンゴ、ヴォックス、
ジャングル向きフィン、アーダン、キャサリン、クラル、グレイヴ、コシュカ、ジュール、タカ、
両方アダージオ、ペタル、ケストレル、ブラックフェザー

【役割】
攻撃コシュカ、クラル、スカーフ、ソー、リンゴ、ヴォックス、ブラックフェザー、タカ、セレス
防御アーダン、キャサリン、フィン
遊撃アダージオ、グレイブ、ジュール、ペタル、フィン、ケストレル
ある程度の簡単なヒーロごとの序盤の分類です。ちょっと僕の主観も入っていますのであくまで参考程度に…。

基本は、各役割(レーン、ローム、ジャングル)1人ずつで「レーン1人」「ジャングル2人」というパターンがバランスのいいパーティと言えますが、終盤は集団行動になることが多く、ロームとレーンがジャングルを移動したり、ジャングルが自陣に戻ったついでにレーンを倒したりと、そんなに縛られなくなっていきます。

使い慣れたキャラを選べたらそれが一番だと思いますが、スキル階層が上がるにつれ、より強い熟練者たちとぶつかります。最初のうちに多くのヒーローに触れておくことで、敵として出てきても対応できるようになるため、色んなポジションで色んなヒーローを使ってみましょう。

例えばこんなチーム。

じゃあ、ちょっとここらでパーティの「一例」をば。

ある程度のパターンを知っておくだけで、個の部分でヒーローの理解度が深まります。ここの一例を自分なりに応用して、その場その場でキャラを臨機応変に変えていけたら、あなたも立派な『Vainglory』玄人です!

役割のハッキリした初心者向きパーティ。

メンバーは、【リンゴ、キャサリン、コシュカ】

分かりやすいレーン向きの狙撃手、分かりやすいタンクの守護者、分かりやすいジャングル向きの暗殺者。役割がハッキリしている分、迷うことなく行動しやすいパーティです。

リンゴは主にレーンを、キャサリンとコシュカはジャングルを。そしてちょっとリンゴが自陣のタレット寄りになった時、レーン付近の草むらに隠れてリンゴを援護するのがオススメ。コシュカとリンゴは序盤から強力なので、使い方次第ではゲームを速攻終わらせることが可能です。

大規模な戦闘や持久戦に適した玄人向けパーティ。

メンバーは、【アダージオ、アーダン、ジュール】

範囲攻撃や持久戦に優れたパーティです。このパーティは主に終盤に力を発揮するタイプ。アダージオとアーダンは集団戦で効果を発揮するスキルを持っており、アーダンはその防御力で、アダージオは遠距離から距離を取りつつ援護していれば、敵にとって脅威となります。

集団で行動していれば、奇襲を仕掛けられても即座に互いをカバーでき、それぞれのUltやスキルをテンポよく繰り出すことが出来れば、返り討ちも余裕と言えます。序盤はレーン維持をアダージオにやらせて、中盤にかけては早々に集団行動に移るのがオススメです。

クラーケンなどいらねえ!レーン特化の変わり種パーティ。

メンバーは、【ペタル、ソー、タカ】

ペタルはジャングルでもレーンでもその射程が有効ですし、ソーはレーンにおいてかなり強力です。タカは基本ジャングルですが、レーンでやると育つのが速く、レベル6でエックス烈を覚えてしまえば、自分のタイミングでガンガン相手レーンを殴りにいけます。

レーンヒーローばかりのチームになることもあるかと思いますが、レーンヒーローは特に「ポジショニング」が大事な上、全員レーンなら「経験値」のことも考えておかなくてはなりません。3人でレーンミニオンの奪い合いなどした暁には、誰も育たないという結果が待つでしょう。とにかく「アイアンガードの契約」を誰かが持っておきたいところです。

最後に…。

上記はあくまで「一例」です。正直、味方が何を選ぶかなんて誰にも分かりません。しかし、ある程度の全てのヒーローの情報を事前に知っていれば、何を選べば良くて、何を選ぶのが悪いのかは経験で分かってくるようになります。

ぜひ皆さんは、ここに書いてあることを応用して最初のキャラの選びで敵に差をつけちゃってください!
他の『Vainglory(ベイングローリー)』の攻略記事

最新記事

本日のスケジュール

これからVaingloryを始める方へ