Vainglory(ベイングローリー)- ファンタジックな世界観と美しいグラフィックに魅せられる!じっくり遊べる本格MOBA!

Super Evil Megacorpは、スマホ向けMOBAゲーム『Vainglory』の日本語版を4月8にリリース。話題の今作をさっそく遊んでみました。

2015/04/10 17:00

みんなで集まれ、共に戦え。

今作は、スマホではそんな馴染みのない「MOBA」というジャンルのゲーム。ちなみに「MOBA」略さずに言うと「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」と言い、結構長いです。元々はPCゲームなどにおける「RTS(リアルタイムストラテジー)」のサブジャンルで、それぞれプレイヤーが2つのチームに分かれ、味方と共闘して敵チームの本拠地を破壊していくゲームのこと。 RTSとの主な違いを言うと、軍勢を操作するんじゃなくて「ヒーロー」と呼ばれる1つのキャラしか操作は出来ないところ。でもそのおかげで1つのキャラをより精密に強化できるというわけです。
公式トレイラーを見てもらえば分かりますが、今作の場合は3体3のプレイヤー同士による戦い。かなり白熱したバトルが楽しめちゃいます。1プレイの時間はやってみた感じ約30分ぐらいと長めで、1つ1つのバトルをじっくり楽しむことが可能です。

でも、いざ遊び始めると時間なんか忘れてのめり込んじゃうので、ご注意を!

多種多様なヒーローたちの特性を知ろう!

バトルが始まる前にプレイヤーは、自分が使うヒーローを1体選ばなくていけません。種類ごとにかなり違ったタイプになっちゃうので、最初は剣などを使っているヒーローが分かりやすくて良いかもしれません。
また、各ヒーローは3つのスキルを持っているのですが、好きなヒーローを選択した画面時の下のボタンから詳細を見ることが可能です。そして、その詳細を読んで「あ、なんか良く分からねえ…」と思ったら最初は選ばないほうが良いでしょう。ある程度の慣れてから選んでみてください。ある程度の慣れを要するゲームであることは確かです。しかし理解と操作がそれに追い付くと、いっきに面白くなっちゃうゲームなので分からないまま終わらすのは勿体無いです!

いざ、3体3の白熱のバトル…

さて、ここからがMOBAの部分です。いよいよ1つのフィールドに、それぞれのプレイヤーが集結して白熱のバトルが繰り広げられるのです。

基本的な行動の順序は、【戦略拠点を見つける】⇛【敵のタレットを破壊】⇛【敵のベインクリスタルを破壊】といった感じ。極端なことを言えば、前の2つの工程をとばして【敵のベインクリスタル破壊】しても勝利にはなります。けど、その2つの工程をとばしてそこにたどり着くのは、まず無理です。最初はきちんと基本に沿って行動することが大事!
一応、勝っても負けても戦利品が貰えます。ここで得たものは新たにヒーローを解放する時に使えたりします。最初に使えるヒーローはホントに少ないので、溜めて溜めて欲しいヒーローを狙い撃ちして買ったほうがいいです。例えば、貯める際のバトルで「こいつやりづらかったなぁ…」と思った敵などで選ぶなりしたらいいかもしれません。

クラーケンを解放して初勝利!

ちなみに実際にやってみたプレイ動画はこちら。

またフィールドには一定の時間帯でクラーケンと呼ばれるものが出現します。かなり手強い敵なのですが、倒すと手助けをしてくれる頼もしい存在でもあります。今回のバトルは、結果としてクラーケンとのバトルが決め手でした。全部を撮るとかなり長くなってしまうので、勝利の決め手となったクラーケンとの死闘を中心にご紹介します。動画の30秒〜ぐらいから!

いつまでも遊べる。どこまでも遊べる。

やってみて率直に思ったのが、それぞれのヒーローのバランス調整が見事だということ。なかなか多種多様なタイプの特性を持っているヒーローばかりで、同じ戦い方というのはほぼありません。フィールドは1つしかありませんが、その1つのフィールドの中で出来る事は無数にあります。スタミナもないので遊び放題!

ぜひ「チームプレイの熱いバトル」「美しいファンタジーの世界観」の融合を楽しんでみて下さい。

最新記事

これからVaingloryを始める方へ

Vainglory World Championship